夏になると日焼け止めを塗る機会がぐんと増えますよね。

しかし、毎日使っているとうっかり服につけてしまった・・なんて経験を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日焼け止めが服についた場合、普通の洗濯方法で落ちるのか、気になりますよね。

今回は日焼け止めが服についた時の落とし方をご紹介していきます。

服についた日焼け止めを効率よく落とす方法

夏になると、白やベージュ、ピンクなど明るめの服を着る方が多くなります。

また、制服やスーツなどの真っ白いシャツを着る機会が多い方はたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、白いシャツの襟元が汚れていると、清潔感が失われて残念なことになってしまいます。

できるだけキレイに汚れを落とせる方法を、早速見ていきましょう。

まずは普通の洗濯石鹸を使ってみよう!

日焼け止めは、服についたらできるだけ早く落とす必要があります。

どのようなものでも、一度シミが付いたら時間の経過とともにどんどん落ちにくくなっていくものですから、時間との勝負ともいえます。

家に帰ってきて汚れに気づいたなら、すぐにシミ部分を浸して固形の洗濯石鹸で擦るようにしましょう

昔からあります「ウタマロせっけん」などは、お化粧汚れにも強いとされてますから、試してみると良いかもしれません。

その後はぬるま湯ですすいで、洗濯機で通常通り洗濯をするようにしましょう。

クレンジングを使ってみよう!

洗濯石鹸で落ちれば一番簡単なのですが、落ちない時にはクレンジングを使います

クレンジングはお化粧落としですから、日焼け止めにもしっかりと効果を発揮してくれます。

クレンジングに台所洗剤を同量混ぜて使用すると効果的なのですが、目立つシミであればクレンジングを少し多めに入れるとさらに高い効果が生まれます

落としたいシミの下に汚れても良いタオルやガーゼを当てて、上から歯ブラシなどでクレンジングで作った洗剤を軽くたたいて、汚れを下のタオルへ移していくようにしましょう。

その後はしっかりとぬるま湯か水で流して、通常通り洗濯をするようにします。

消毒用エタノールを使ってみよう!

服についた日焼け止めを落とす最後の方法として、消毒用エタノールを使用してみましょう

クレンジングの時と同様、下にタオルやガーゼを敷いて上からたたいて汚れを落としていきます。

ただし、エタノールは色の濃い服に使用すると色落ちする可能性もありますから、十分に注意してくださいね。

自分で日焼け止めを落とす時の注意点

日焼け止めが服についてしまった時、できるだけ早く対処した方が良いと述べました。

もし外出先で汚れていることに気付いたなら、できるだけ早く水道のある所へ行き、ハンカチやタオル、ティッシュなどを汚れの下に当てて、お水を使って汚れを下へ移すようにしましょう。

また、水洗いをする時には汚した服が洗濯可能かどうか、最初に確認する必要があります。

水洗いが不可能なものに関しては、あまり時間をあけずにクリーニング店へ出すようにしましょう。

そして、汚れに対して効果の高い洗剤や薬剤は、服自体の色や模様をも落としてしまう可能性があります。

濃い色や華やかな柄のある服に関しては、アレコレと試すことはせずに真っ直ぐにクリーニング店に出した方が安心かもしれませんね。

まとめ

今回は日焼け止めを服に付けてしまった場合の対処法をご紹介しました。

大切な服をほんの少しのシミで着られなくなるのは、非常に残念に思えます。

落とし方ももちろん大切ですが、まずは日焼け止めを服につけないよう十分に注意したいものですよね。

肌へ塗る紫外線対策以外にも目を向けてみると、より安心して過ごすことができるかもしれませんね。

>>日焼け止めの塗り方に決まりはある?顔の塗りムラを防ぐコツ